<< 永遠のふるさと遠野 | home | 沼地のある森を抜けて
緩やかに関係する二つの世界の関係性 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

国母選手が投げかけるオリンピックの本音と建前

私たちは、オリンピックに対して二つの見方を持つのではないだろうか。

一つは、平和の祭典としてのオリンピック。
一つは、スポーツショーとしてのオリンピック。

概して物事には“建前”と“本音”がある。

さて、オリンピックでは莫大な金銭が動く。
1998年に開催された長野オリンピックの場合で新幹線整備等
インフラ整備までを含めた投資額は約1兆3千億円に昇る。
今回のバンクーバーオリンピックでも、当初予算の10倍の費用が
投じられたという話を耳にする。

ちなみに過去最大の開催費用を投じたのは
北京オリンピックで総額で4兆円以上だそうだ。

これだけのお金が動く裏にはそれに見合う
収益を見込む事ができるからだ。

オリンピックは平和の祭典としての表の顔と
世界最大規模の商業スポーツイベントとしての現実の顔を持つ。

現在のオリンピックではアマチュアリズムの原則がなくなり、
多くの種目でプロスポーツ選手が活躍しスポーツショーとの差は曖昧だ。

実際、服装問題で世間を騒がせた国母選手も
11歳からプロとして活躍するプロボーダ−だそうだ。

ショービジネスとしてオリンピックを捉えるならば
プロボーダー国母選手は大会への注目を高める
重要な役割を果たしたと言える。

激しいパッシングの中、わが道を進み決勝では果敢に大技に挑戦した。
そして、いままでにないほど今大会でのスノーボードへの関心は高まった。

しかしながら、私たちはオリンピックを平和の祭典として捉えようとする。
選手は、商業的ではなく平和の特使として存在すべきという“建前”を期待する。

ところで、ヒールとして注目を集めた国母選手だが
選手の友人にインタビューを行うと10人中10人が
「友達思いでいい奴だ」と評価するそうだ。

物事は多面的で、私たちも国母選手も極端過ぎるのかもしれない。


Posted by Soul&Body | comments(0) trackbacks(1)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://s-stories.jugem.jp/trackback/6
がんばりましたよね、国母選手!
腰パン騒動なんてかかれているけど その後の記者会見だってひどかったのは確か{/ee_3/} よくファッションだという意見もありますが 海外でもドレスコードってありますよね。 つまりその服装が正装かどうか、場所にみあったものかどうか そういったTPOを守るかどうか
のんびりまったりおばばな毎日 | 2010/02/19 17:23
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
Feel free to follow me ! ;)
PROFILE
LINKS
OTHERS