スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

国母選手が投げかけるオリンピックの本音と建前

私たちは、オリンピックに対して二つの見方を持つのではないだろうか。

一つは、平和の祭典としてのオリンピック。
一つは、スポーツショーとしてのオリンピック。

概して物事には“建前”と“本音”がある。

さて、オリンピックでは莫大な金銭が動く。
1998年に開催された長野オリンピックの場合で新幹線整備等
インフラ整備までを含めた投資額は約1兆3千億円に昇る。
今回のバンクーバーオリンピックでも、当初予算の10倍の費用が
投じられたという話を耳にする。

ちなみに過去最大の開催費用を投じたのは
北京オリンピックで総額で4兆円以上だそうだ。

これだけのお金が動く裏にはそれに見合う
収益を見込む事ができるからだ。

オリンピックは平和の祭典としての表の顔と
世界最大規模の商業スポーツイベントとしての現実の顔を持つ。

現在のオリンピックではアマチュアリズムの原則がなくなり、
多くの種目でプロスポーツ選手が活躍しスポーツショーとの差は曖昧だ。

実際、服装問題で世間を騒がせた国母選手も
11歳からプロとして活躍するプロボーダ−だそうだ。

ショービジネスとしてオリンピックを捉えるならば
プロボーダー国母選手は大会への注目を高める
重要な役割を果たしたと言える。

激しいパッシングの中、わが道を進み決勝では果敢に大技に挑戦した。
そして、いままでにないほど今大会でのスノーボードへの関心は高まった。

しかしながら、私たちはオリンピックを平和の祭典として捉えようとする。
選手は、商業的ではなく平和の特使として存在すべきという“建前”を期待する。

ところで、ヒールとして注目を集めた国母選手だが
選手の友人にインタビューを行うと10人中10人が
「友達思いでいい奴だ」と評価するそうだ。

物事は多面的で、私たちも国母選手も極端過ぎるのかもしれない。


Posted by Soul&Body | comments(0) trackbacks(1)

人ぞれぞれの壁。

上村愛子選手が惜しくもメダルを逃したというニュースを目にした。

クリックで挿入

同選手は幼い頃、心室中隔欠損という先天性心疾患を患われていたそうだ。
健康的な笑顔や、スキー競技での活躍の裏にはいろいろな苦労があった事だろう。

そして、日本中の期待が集まるオリンピック日本代表として
18歳という若さから歩み続けて来た12年間の重圧。
一歩づつ実績を積み上げ、前回のオリンピックでは5位入賞。
30歳という節目の年での挑戦の結果は、メダル一歩手前の4位入賞。

難題のない人生は『無難な人生』
難題のある人生は『有り難い人生』


今回の結果が上村選手に与えたプレッシャーは想像を絶するものだと思う。
そのプレッシャーにも感謝しょうとする上村選手。

おそらく、人生にはそれぞれの壁があり、
前向きに生きる限り新し壁にぶつかり続けるのだろうと思う。
とても小さな壁に悪戦苦闘する人、大きな壁を軽々と乗り越えていく人。

私はどちらなのだろうか?

小さな壁と笑う人が居るかもしれないが
恥ずかしがらずに精一杯の力で挑んでいけたらと思う。

ひとより大きな壁に挑戦したいと思うかもしれないが
大きければ良いわけじゃない事を理解していたいと思う。

なにより、目の前の壁に取り組む人を、
心から尊重する事ができる人間でありたいと思う。

Posted by Soul&Body | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
Feel free to follow me ! ;)
PROFILE
LINKS
OTHERS